自社の強みを活かす
データサイエンス研究

伝統を活かす最新へ
マイナスからプラスへ
データサイエンスを駆使することで、利益を生み出す仕組みを解析・実行までします。
未来が
視える

最新データサイエンス・活用方法とは?

データサイエンスは情報過多時代の羅針盤

データサイエンスとは、社会・企業に膨大にあるデータから「価値」を見つけ出し、引き出す学問です。
ICT(情報通信技術)の進化した現代では、ビジネスや医療、製造、政策、行政においても、高度なデータ処理能力、データ分析力が必要となっており、とりわけ新たな活動領域については、競争優位性を発揮するうえで、必要不可欠な学問です。

例えば、企業情報などのビッグデータを解析し、経済動向を予測するマーケティングに応用することで、過去のデータから未来の動向の動向を予測したり、 ビッグデータを解析し、ビジネス戦略や課題解決などに活かすエンジニアであれば、投資効果を先に予見することは、リスクを回避できる確率があがったり、 データ分析技術を活用するコンサルタントは、コンサルタント一人一人の情報量の正確性を自らが探しに行くことで、説得力ある解に繋がるアドバイスができます。

産官学企業連携で新たな課題を解決致します。

業界の垣根を越えた挑戦をデータサイエンスで明るく照らす

データサイエンスで地域活性化を後押し

地域のネットワークを密にすることで、新たなアイデアを生み、新たなサービスがよりよく流通することで、これまででは不可能であった暮らしやすさや温かみを実現できるお手伝いを致します。

関西支社 産官学連携データサイエンス事業責任者 ご挨拶

データサイエンスを利用するとこんないいこと
兵庫県内はもとより、関西圏内の学生のスタートアップ企業やビジネスとデータサイエンスを繋げる事で、ビジネスアイデアの普及や速やかな事業拡大のお手伝いを行ってまいります。

Kasumi.S
兵庫県立大学社会情報科学部 データ分析研究部 所属
兵庫県立大学 社会情報科学部 副学部長
笹嶋宗彦
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

2024年問題の解決

トラックドライバーが不足する問題
ひと・物流の経路を分析し最適地を見るつけることで

最大値で約30%利益UPになる可能性があります。

自動運転

自動運転が実現されれば
総走行距離が伸びることで、経済行動が現在よりも活発になります。

高齢者増加による財政問題の解決

働き手不足も解決
現在の約50%の労働者が行っている作業が置き換わる事で、新たな需要が生まれます。

国民総所得が数十年横ばい

報酬が先進国の中でも横ばいなのはなぜ?
私たちは、ヒトの働き方をデータサイエンスで研究しているテーマとしてもっと給料を上げることができないか、給料を上げると企業が成長が難しいのかを研究しています。
実際に私たちは、日本で一番給料を支払っている会社と一般的な会社とでの成長率を比較し、給料を挙げた場合とそうでない場合を検証しています。

ACCESS

住所
神戸市西区学園西町8-2-1 笹嶋研究室内
TEL
078-794-5215
最寄り
神戸市営地下鉄西神・山手線「学園都市駅」下車 徒歩10分
神戸市営地下鉄「学園都市駅」へのアクセス山陽新幹線新神戸駅から市営地下鉄で25分
JR三ノ宮駅、阪神・阪急神戸三宮駅から市営地下鉄で22分
JR舞子駅・山陽舞子公園駅から神戸市バス・山陽バス53、54系統 学園都市駅前方面行き(所要時間約27分)
見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

CONTACT

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。